アクセスランキング
ハロプロ > 梁川・船木の完璧すぎるトークにももちPMがダメ出し

梁川・船木の完璧すぎるトークにももちPMがダメ出し

1:2016/04/02(土) 08:03:24.05 ID:
「月刊エンタメ」 2016年4月号 カントリー・ガールズ
新メンバー 梁川奈々美&船木結の 教えて!ももち先輩(抜粋)

【STEP01 ももち先輩のお題でフリートーク】

<今しか言えないことを常に発信してほしい!>
――ただでさえMCに定評があるカントリー・ガールズですが、
新人2人のトーク力がすごすぎると話題になっています。
今回はアイドルとしてさらに上を目指すため、嗣永桃子PMに
様々な面からご指導をお願いできたらと考えています。
梁川・船木 頑張ります!
――まずは今後、やる機会も増えると思うフリートークから。
嗣永さんが出したテーマに沿ってそれぞれ自由に話してみましょう。
嗣永 なるほど分かりました。お題は、そうですね・・・・・・
「アイドルになってよかったと思うこと」!
船木 はい!アイドルになってから、それまでみたいに学校の
友達と一緒に遊べなくて、寂しいなと思うこともありますが、でも、
「普通にはできない経験をたくさんさせてもらっている」っていう
考え方もあると思うんです。貴重な経験ができる。それが
アイドルになってよかったと思うところです。
嗣永 はい。やなみんは?
梁川 はい!私は好きなことを仕事にできるって本当に有り難い
ことだと思うんです。大好きな歌やダンスを毎日やらせていただいたり、
こうして楽しくお話させていただいた上に、さらにそれがファンの
みなさんに発信されていったり・・・・・・本当に素敵だなって。
人に夢を与えられる仕事って、すごいって感じますね。
――完璧!内容的にも優等生的で申し分ないんじゃないですか?
嗣永 (苦渋の表情で)なんというか・・・・・・内容的には素晴らしいと
思います。ただ、新人らしさが微塵も感じられない!だって、
まだ2人にとって初シングル発売から何日も経っていないんですよ?
新人にしか出せない「独特の空気感」ってあるじゃないですか。
ちょっとアワアワしていて、「僕たちが支えてあげなきゃ」って
思う例の感じ。
梁川 フレッシュ感が・・・・・・。
嗣永 一切なかった!だから、さっきのコメントは3年後でも
よかったのよ。「今は一つひとつのことがすべて新鮮で~」
みたいな初々しさがほしかったのに・・・・・・。
船木 ももち先輩によく言われるんです。「アイドルは少し欠けて
いたほうがいいんだ」って。そういうことが全然頭になかった・・・・・・。
至らなかったと反省しております。
2:2016/04/02(土) 08:03:56.02 ID:
「月刊エンタメ」 2016年4月号 カントリー・ガールズ
新メンバー 梁川奈々美&船木結の 教えて!ももち先輩(抜粋)

【STEP02 お互いがお互いを他己紹介!】

<環状線の外に届くように視野は広くキャッチーに>
――テレビやラジオに出演する際、他のメンバーを紹介する場面は
意外に多いと思うんです。お互いの魅力が伝わるような「他己紹介」を、
ここでやっていただけますか。
梁川 はいっ!私、梁川が船木結ちゃんを紹介させていただきます!
――いきなり子役っぽい(笑)。
梁川 船木結ちゃんは、ちょっとだけ人見知りなところが
あるんです。だけど、打ち解けてくるとすごく面白いし、楽屋でも
はっちゃけていることが多いんですね。それになんといっても
「妹力」が高い!カントリー・ガールズの中でも最年少だし、
「可愛い~」「守ってあげたい~」「支えたい~」っていう気持ちに
きっとなるはずです。私自身、結ちゃんと一緒にいると、お姉さん
みたいな気分になることが多いんです。
船木 私からすると、奈々美は見た目と中身のギャップがすごく
大きな子。身長は私よりは高いですけど、十分に小柄なほうですよね。
それなのに実際に話してみると、すごくしっかりしているし、
頼りになる存在なんです。かと思うと、すごくしっかりしている一方で
工作や家庭科が苦手だったり、手先が不器用だったり、ちょっと
抜けている部分もあって。いろいろ考えているんだと思います!
梁川 え~!?別に考えているわけじゃないよ~(笑)。
――いかがですか、ももち先輩?
嗣永 う~ん、悪くはないんですけどね。今の2人の紹介は、
内面的なことだったり、普段のキャラだったりを説明していますよね。
それではファンの人には伝わらない!
梁川・船木 あ~!
嗣永 ファンの方を前にしたMCなら、それでいいのかもしれないね。
もっと深くパーソナルな部分を知りたいわけだから。だけど
カントリー・ガールズをまったく知らない読者や視聴者に対しては、
「歌やダンスがどうなのか?」とか「見た目の特徴は?」とか、
そういう部分が一番キャッチ―に届くはずだから。その発想が
決定的に欠けています。
――さすがに地上波を主戦場にするPMは視野が違いますね。
船木 ホント勉強になります!
梁川 甘かったですね・・・・・・。
40:2016/04/02(土) 08:24:05.51 ID:
>>2
>それではファンの人には伝わらない!
ここは「ファンの人にしか」じゃないの?
44:2016/04/02(土) 08:29:05.76 ID:
>>40
申し訳ない
書き間違えた

(訂正)
――いかがですか、ももち先輩?
嗣永 う~ん、悪くはないんですけどね。今の2人の紹介は、
内面的なことだったり、普段のキャラだったりを説明していますよね。
それではファン以外の人には伝わらない!
梁川・船木 あ~!
4:2016/04/02(土) 08:04:26.74 ID:
この後
【STEP03 ハロプロ川柳を詠んでみよう】
【STEP04 ケーキを食べて食レポに挑戦!】
と続いてどれも面白かったw
5:2016/04/02(土) 08:05:39.32 ID:
娘。の腐りきった空気感とカントリーの楽しい空気感
どうしてこんなに違うの?
6:2016/04/02(土) 08:05:51.83 ID:
船木 ももち先輩によく言われるんです。「アイドルは少し欠けて
いたほうがいいんだ」って。そういうことが全然頭になかった・・・・・・。
至らなかったと反省しております。

これ梁川じゃないのかw
8:2016/04/02(土) 08:06:32.82 ID:
9:2016/04/02(土) 08:07:21.33 ID:
これはももちが正しい
11:2016/04/02(土) 08:07:42.46 ID:
梁川は相変わらずすごいな
12:2016/04/02(土) 08:09:18.37 ID:
いつまでも初々しさを持ってるちぃちゃんこそがアイドルのプロ
77:2016/04/02(土) 09:32:48.11 ID:
>>12
いつになったらちゃんとするんだよw
13:2016/04/02(土) 08:09:36.43 ID:
アドバイスはしたけどももち最後にこう言ってるんだぜ

月刊エンタメ
嗣永桃子
新人2人のトークは上手くなる。アドバイスしたけど、何を言おうが自分らしさを忘れずにいてほしい。ももち色に染まってほしくないので、それを見つける手助けが出来たら
16:2016/04/02(土) 08:11:51.11 ID:
>>13

「月刊エンタメ」 2016年4月号 カントリー・ガールズ
新メンバー 梁川奈々美&船木結の 教えて!ももち先輩(抜粋)

【ももち先輩の提言】
<ももち色に染めたくない!自分流のトークを大切に>
 最初に言っておきたいことがひとつ。記事を読んでいる方は
「ももち、相当スパルタなんだな」とか思っているはずですけど、
これはあくまでも雑誌の企画上の話ですからね(笑)。だけど
頑張ってついてこようとしている2人の姿を見て、うれしくなったのは
事実です。たぶんこれから2人のトークは、もっともっと上手に
なると思うんです。PMということで、今日はいろいろアドバイス
させてもらいましたけど・・・・・・だけど本当のことを言うと、私が
何を言おうが2人は自分らしさを忘れずにいてほしいな。
自分らしく発言してほしい。ももち色に染まってほしくはないので。
それを見つける手助けができたらって思います。
56:2016/04/02(土) 08:40:57.74 ID:
>>16
ももちのこういうとこ好きだわ
14:2016/04/02(土) 08:10:34.42 ID:
そろそろやなみんにも飽きてきたな
お腹いっぱいだわ
17:2016/04/02(土) 08:12:34.76 ID:
フレッシュ感は研修生経験者には無理なんじゃないかな
18:2016/04/02(土) 08:12:42.20 ID:
ももちが良い先輩すぎて泣けてくる
19:2016/04/02(土) 08:13:03.94 ID:
雑誌だからあえて改善点を話したけど個性だから直させるつもりはないってことだろうね
それでいいと思う
20:2016/04/02(土) 08:13:24.06 ID:
頑張れちぃちゃん!
21:2016/04/02(土) 08:13:43.68 ID:
いくら研修生上がりとはいえ中1とか中2でフレッシュ感を出せないのはマズいと思う
23:2016/04/02(土) 08:14:58.85 ID:
ちぃちゃんとおぜこが妹感を無くしてないから
新人2人はこんな感じでいいのでは
24:2016/04/02(土) 08:15:02.54 ID:
数年後…
ななちです
むすちです


引用元:
関連記事
ブログパーツ


スポンサード リンク


管理者にだけ表示を許可する